読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知る

物事に満足している時、幸福を感じる。
しかし、人間の欲というのは尽きることがなく、常に何かを求めている。

「満足」と「欲望」は対照的なものであるが、どちらか一方に偏っていれば良いというものではない。

「満足」に偏っていれば、今の現状に満足しすぎて、自分を磨く、成長させるという動機が薄れてしまう。
逆に、「欲望」に偏っていれば、何をしても物足りず、幸せになることはできない。

両者はバランスが重要だが、今の資本主義の世の中では「欲望」がやや大きい気がする。

「満足」を高めるためには、小さな事でも感謝の念を持つことが重要なのだそうだ。

今の自分はきちんとご飯を食べられ、運動もでき、仕事もできる。実はあたりまえだと思っていたり、もしくはそれすらも不満を覚えているかもしれない。

まずは、あたりまえだと思っていることをもう少し見つめなおしてみよう。